紙飛行機など、癒し系の模型飛行機を愛するブログ


by eight_fps

A123初使用

ブラシレスモーター HP1709-06Turnに
c0156731_8374572.jpg

APC7x4のぺらをつけた。
c0156731_8382277.jpg

それをA123 3S(9.9V 1100mAh)のバッテリーで
c0156731_839676.jpg

まわすと、500gほどの機体でもオーバーパワー気味。
自律飛行をもくろむために、CPUボード(Armadillo-300 Linux)を主翼の下に縦にしこんでみた。
c0156731_8411192.jpg
c0156731_8411935.jpg

推進パワー十分なので飛ぶには飛ぶが、主翼の上反角部分が脆弱で、スピードをだすとほとんど万歳状態(^^;

この位置にモーター+プロペラを配置すると、不時着時の損傷がほとんど無いということと、胴体と主翼を合体させるときのコネクタ接続の手間が無いという2つのメリットがある。ところがパワースロットルを上げると、頭下げ効果が出ると同時に、プロペラ後流に尾翼が叩かれて、著しい右ロールが出るというデメリットがある。

モーターを主翼後部に配置すると、重心が後ろに下がり気味だったが、A123バッテリーが130gもあるので、この傾向は解消された。

それにしても、A123はD40バッテリー(Liイオン7.4V 1000mAh)とくらべて、パワーを感じる。スロットル半分状態で30分近くフライトできた。(CPUボード非搭載)
[PR]
by eight_fps | 2008-04-10 08:42